FXを始める前に|正しい株の儲け方を知るのが常|脱サラ可能
女性

正しい株の儲け方を知るのが常|脱サラ可能

FXを始める前に

男性女性

海外の業者で口座開設

FXは、日本国内にも多くの業者が存在していますが、海外FXも選択肢のひとつです。というのも、日本国内の業者と違って、海外FXはレバレッジの自由度が高いという点がメリットとして挙げられます。実際にFXを始めるには、投資金額の最低4%を証拠金として預ける必要がありますが、海外FXの場合は最低証拠金を必要としない業者が多くありますから、口座に入金した金額ギリギリまで取引が可能になっています。つまり、日本の業者の場合はロスカットと言って証拠金以上の損失を出さないために強制決済されますが、海外FXはこのようなシステムになっておらず、預け入れた金額が全てなくなったらそれで終わりという仕組みですから、ある意味わかりやすいとも言えます。

口座開設で必要なもの

実際に海外FXの口座を開設する場合、必要書類として本人確認書類があります。具体的には、パスポートや運転免許証などの顔写真が付いたものが必要書類になります。日本の場合は、国民健康保険証や年金手帳の2点が必要書類として認められるケースがありますが、海外FXではこれらは必要書類としては認められない場合が多いです。このため、必ず顔写真が付いたものを提出する必要があります。海外FXの口座開設においては、日本の運転免許証よりもパスポートの方が、手続きがスムーズに進む場合が多いです。なぜなら、運転免許証は日本語で記載されているため、海外FX業者が翻訳するのに時間がかかるケースが多いからです。したがって、パスポートを持っている方は、こちらの方がおすすめです。